← galleryshirakawa.com [ホーム / Top Page]

第1回「ジャパニーズ・モダン 江戸から現代へ」 三桝正典展 −市松模様を描く

第1回「ジャパニーズ・モダン 江戸から現代へ」 三桝正典展

三桝正典 桜下亭 襖絵「秋」 2014

第1回「ジャパニーズ・モダン 江戸から現代へ」
三桝正典展 −市松模様を描く

会期:2015年9月19日(土)—10月12日(月・祝)
   12:00〜18:00 月曜休廊、※12日(月・祝)は開廊
会場:ギャラリー白川 Room1

現代において「日本の美」を追求していくと、「日本の美」が生き生きと目に映る時代があります。「江戸時代」です。鎖国の中で豊かに成熟していったこの時代に視点を戻し、そこから現代へと繋いでいくことで新たな「日本の美」が生み出されていくのではないか。この思いが、同じような視点で「日本の美」を追求している現代作家の皆さんを紹介していくシリーズを誕生させることになりました。

第一回目に紹介する作家は、三桝正典氏です。今、彼は、お寺や美術館・資料館の中にある和の建物の空間を彼の現代アートで埋め尽くす試みに取り組んでいます。 2012桜下亭(広島:重森三玲作庭茶室)蘭島閣美術館(白雪楼・広島)/2013瑞峯院(大徳寺・京都)明喜庵(爽籟軒・尾道)ひろしま美術館壁画(広島)/2014明星院(広島:上田宗箇流和風堂写)和心庵(広島市植物公園)/ 2015頼山陽史跡資料館居室(広島)専立寺(広島・吉和)妙正寺(三原)等です。今展では、彼の手がけた作品の紹介を中心に新作を展示。ギャラリー白川では3回目の個展です。

なお、今展を記念してギャラリー白川の隣の町家料亭つじ華の「みざくら」の間に「さくら」の襖絵を描きました。(但し、こちらは、お食事をしないとご覧頂けません。)

10月第2回、11月第3回と「ジャパニーズ・モダン 江戸から現代へ 」は続きます。長年温めてきた企画のスタートです。どうぞ、ご高覧くださいませ。

会場の模様

ギャラリー白川の隣のつじ華の「みざくら」の部屋の襖絵と掛け軸

過去の展覧会

三桝正典展―「時〜音」春夏秋冬 2012年9月16日(日)— 10月14日(日)

三桝正典の在庫作品の掲載は、ただ今準備中です。しばらくお待ちください。
作品についてのお問い合せは、(info@galleryshirakawa.com)までお願いします。



GALLERY SHIRAKAWA
ギャラリー白川

営業時間
12:00〜18:00(会期により変更)
休廊日
月曜休廊(祝日の場合は開廊)

※都合により、休廊日は急遽変更となる場合がございます。
 その際はINFORMATIONTWITTERにて配信致します。

ギャラリー白川 カタログ [PDFダウンロード(2.2MB)]

取扱い作家、年間スケジュール、ギャラリー・アクセス情報を掲載

〒605 - 0822
京都市東山区祇園下河原上弁天町430-1 GoogleMap
430-1 Kamibenten-cho Gion Shimogawara
Higashiyama-ku Kyoto 605-0822 JAPAN
TEL
075-532-2616(+81-75-532-2616)
FAX
075-532-2617(+81-75-532-2617)
E-mail
info@galleryshirakawa.com
URL
http://www.galleryshirakawa.com