← galleryshirakawa.com [ホーム / Top Page]

シーズン・ラオ「氷蓮図」× ソル・ルウィット展

シーズン・ラオ「氷蓮図」× ソル・ルウィット展

Season Lao x Sol LeWitt exhibition
会期:2020年1月18日(土)―2月16日(日) 12:00-17:30 月曜休廊
会場:ギャラリー白川

シーズン・ラオ (Season Lao 劉 善恆) のインスタレーション作品「氷蓮図」を中心に、60年代アメリカミニマル・アートを代表する作家ソル・ルウィット (Sol LeWitt) の作品四点から構成。
「氷蓮図」ではシーズン・ラオが去年東北で出会った光景がうつしとられている。凍った池に、静かに終焉を迎えようとしている蓮の姿の一部。
繊細と静寂の作品中の凍って止まった蓮の息は風に揺られて息づき、眠れる蓮の生命は根の空間と自然現像の白雪や雲が生み出す水墨画に見られる「間」となって表される。東洋的自然観のミニマリズと連想せる。この作品は京都瑞泉寺から始まって、マカオ、台北、大邱、そしてアメリカのバーモント州の美術館で展示された。
シーズン・ラオと共に展示するソルの作品は、ギャラリー白川のコレクションからセレクトした。「氷蓮図」と共鳴しあい美しい空間を作り出している。是非、ご高覧ください。

池田 真知子(ギャラリー白川代表)

The exhibition revolves around “Frozen Lotus”, an installation by Season Lao, shown together with four works by Sol LeWitt, an artist representative of 1960s American minimalism. Season Lao’s works capture scenes he encountered during a visit to the Tohoku region of Japan last year. A part of a lotus quietly awaiting its demise in a frozen pond. The frozen breath of the lotus depicted in these delicate and hushed works sways in the wind and sighs. The life of the sleeping lotus is expressed as the space found in ink paintings, a space that is born from the holes in the plant’s roots and the natural phenomena of white snow and clouds. The work is suggestive of an Asian minimalist perspective of nature.
First exhibited in Zuisen-ji Temple in Kyoto, it has then gone on to be shown in Macao, Taipei, Daegu and Vermont, USA.

Machiko Ikeda

会場の模様



GALLERY SHIRAKAWA
ギャラリー白川

営業時間
12:00〜18:00(会期により変更)
休廊日
月曜休廊(祝日の場合は開廊)

※都合により、休廊日は急遽変更となる場合がございます。

〒605 - 0822
京都市東山区祇園下河原上弁天町430-1 GoogleMap
430-1 Kamibenten-cho Gion Shimogawara
Higashiyama-ku Kyoto 605-0822 JAPAN
TEL
075-532-2616(+81-75-532-2616)
FAX
075-532-2617(+81-75-532-2617)
E-mail
info@galleryshirakawa.com
URL
https://www.galleryshirakawa.com