お知らせ / 展覧会情報


「ジャパニーズ モダン・江戸から現代へ – 2022」 スタート! 

それは、現代アートうちわ展から始まった

〈シリーズ1〉
三 桝 正 典 新 作 展 ― JAPAN
2022年8月2日(火) ― 8月21日(日) 【終了しました】
*三桝正典 作品ページはこちら

〈シリーズ2〉
大 野 浩 志 新 作 展 ― 在り方・現れ方 2022
2022年9月6日(火) ― 9月25日(日)【終了しました】
*大野浩志 作品ページはこちら

〈シリーズ3〉
今 尾 栄 仁 新 作 展 ― 「集」
2022年10月4日(火) ― 10月23日(日) 【終了しました】
*今尾栄仁作品ページはこちら

〈シリーズ4〉
古 川 和 美 ・ 黒 岩 知 里 新 作 2 人 展
2022年11月1日(火) ― 11月20日(日)【終了しました

*古川和美作品ページはこちら
*黒岩知里作品ページはこちら

〈シリーズ5〉
片 山 雅 史 展 ― いのちのかたち
 【開催中】 2022年11月29日(火) ― 12月18日(日)
詳しくはこちらをご覧ください

片 山 雅 史 展 ― いのちのかたち  2022年11月29日(火) ― 12月18日(日)12:00-18:00 *月曜休廊

画家を志したころ描き始めた風シリーズから、一貫してあるのは目に見えない絶対的な何かに繋がる感覚です。今展は風シリーズ以降今まで描いてきた作品、皮膜、HANA、螺旋、メメントモリ、これらを繋ぐキーワードとして「いのちのかたち」と題しました。今から26年前それまでモノクロに近い風の絵を描いてきましたが、黄色の絵が描きたいとの思いから皮膜シリーズがここギャラリー白川で始まりました。黄は生命に降り注ぐ光であり、花粉のいろでもあります。また描かれた形は自然界のすべての生命の営みをたたえるかのような向日葵の花芯部の螺旋模様です。またHANAシリーズで描かれている繊細かつ優美なフォルムはいのちの輝きであると同時に儚さをも宿しています。そして生と死をみつめる無数の蝶が舞うメメントモリ、これらの自らを繋ぐ作品群です。   片山雅史

*片山雅史作品ページはこちら

会場では、作家の歩みをまとめた動画を制作して上映いたします。また、公式YouTubeチャンネルにて、本展の展示動画を制作配信いたします(12/6頃より)。

主催:ギャラリー白川

写真:群蝶図 / 光の庭に-メメント・モリ 105×300cm アクリル、顔料、キャンパス 

写真:(一部)群蝶図 / 光の庭にメメント・モリ

写真:群蝶図1 2022 78×50cm アクリル、顔料、キャンパス 

〈アポイント制〉をスタートしました。 

ご希望の作家の作品や、会場に展示していない作品をご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください

 

ギャラリー白川公式YouTubeはこちら動画配信中


ギャラリー白川Facebookを始めました。展覧会や作家情報等を書いています。

国内作家

海外作家

ギャラリー白川の出版物

作品についてのお問い合わせ

  • 掲載した作品はギャラリー白川にていつでもご覧いただけます。
  • 前もってご連絡いただきましたら、倉庫からお出ししておきますのでできるだけアポイントをお願致します。
  • 作品、価格については、お気軽にお問い合わせください。
  • メールでのお問い合わせ:お問い合わせフォーム

お問い合わせ先

代表 池田 真知子 Ikeda Machiko

営業時間
12:00〜18:00(会期により変更)
休廊日
月曜休廊(祝日の場合は開廊)

※都合により、休廊日は急遽変更となる場合がございます。

〒605 - 0822
京都市東山区祇園下河原上弁天町430-1
430-1 Kamibenten-cho Gion Shimogawara
Higashiyama-ku Kyoto 605-0822 JAPAN
TEL
075-532-2616(+81-75-532-2616)
FAX
075-532-2617(+81-75-532-2617)
E-mail
info@galleryshirakawa.com
URL
https://www.galleryshirakawa.com

マップ

  • JR京都駅からは市バス206で「東山安井」下車
  • 京阪祇園四条駅からは市バス207で「東山安井」下車
  • 八坂神社、祇園歌舞練場からは高台寺方面へ徒歩約4〜8分
  • GoogleMapで周辺地図表示